法律の勉強をする

開業時に気になる法律

開業する為に確認が必要な法律

大学、保険会社、非営利団体などの法人もありますが、病院のほとんどが医療法人となります。医療法人として開業をする際に、医療法というものに目を通しておかなければなりません。親も医者で、その跡を継ぐのであれば特に何も気にすることなくやれるのですが、ゼロからの病院を開業するとなると、各種届出が必要になります。さらに、医療に関する法律上の手続き書類だけでも、開設の届け出や、診療報酬の手続き、薬剤の使用許可等があります。また、小さなクリニックでも現在ではスプリンクラーの設置が義務付けされていますし、浄化槽や水質検査など細かいものまで上げていくと、多くの法律上の届け出や検査が必要になります。これらのことが初めてで分からない方は、専門の行政書士等に手続きの代行をお願いすると良いかもしれません。

開業するときの法律上の手続き

ある職業で開業をする時に必要な法律上の手続きがあることがあります。代表的なのは、医師の病院開設の許可です。これは、許可をもらわないと開設をできたとしても、保険の適用を受けられる病院を開業できなくなります。また、風俗営業も、許可を得ないと法律に違反して摘発されてしまいます。このように、やらなければならない手続きは業界によって異なりますが存在します。そのことについて、疑問が生じる場合は、弁護士に確認するのが一番です。その手順を守らないと駄目であるかどうかについての、適切な助言を与えてもらうことが可能です。

↑PAGE TOP